テーマ:銚子

ありがとうございました

 いよいよ最終回を迎えました。長いようで短かった331日。1日1トピックそれぞれの内容は他愛のないものが多かったですが、積み重ねるなかで見えてきたものも、確かにありました。  まとめの言葉をあれこれ考えた結果、ひとことで言うなら・・・銚子ライフは快適!これに尽きます。景色はよく、住環境もよく、地元に新鮮で豊富な食材があって自給自足も可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銚子の資源

 少子高齢化が進み人口減少していくなかで、地域間競争に勝ち抜いていくためには、交流人口を増やし、さらには定住人口を増やす必要がある。そのためにはヨソモノの視点で地元を見つめなおす必要がある・・・折に触れてお話しをさせていただいたところ、予想以上の反応がありました。  そのなかで見えてきたのは、銚子人の多くが想像以上に「豊かな資源」に無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝統工芸・ビューティーサロン

 ある方から、お餞別に、「銚子型染」のポーチをいただきました。笠上町の山本工藝店さんのものです。素朴ですっきりしたデザインは、「銚子らしさ」を感じるもの・・・私が思うところの銚子を表すキーワードその2:「和マリン」。大切に使わせていただきます。  この日は偶然、千葉県指定伝統工芸品「高嶺ひも」の工房にもお邪魔することができました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春のイベント

 早いもので、3月も後半。「地域再生マネージャー」の任期は3月20日までですから、このブログも、あと数回を残すのみとなりました。そう意識すると、あれやこれや、書きそびれたことばかり思いついて、時間(回数)が足りない・・・!と思ってしまいますね。  そういえば最近は、「イベント情報」を載せる回数がめっきり減ってしまいました。という訳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セグロイワシ その2

 目覚まし時計を止めて、しばらく布団の中でゴロゴロしていたら、鶯が鳴いて目が覚めました。  東京で用事があったので、「しおさい」に乗り込もうとしたら、ホームにある椿の大木には、沢山の真紅の花が。  ここ一ヶ月ほど文字通りバタバタしていたのが、ようやく少し落ち着いて(本当は落ち着いている場合ではないでのすが)、気持ちに余裕が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の犬吠崎

 すっかり春の陽気の土曜日、絶好の行楽日和でした。久し振りに犬吠方面へまわったら、人も出ていました。風も穏やかで、実に気持ちがよかったです。  犬吠駅から灯台に向かう歩道の脇を少し上がったところに、高浜虚子の句碑があります。朧月・・・ちょうど今からの季節にぴったりだなぁ、と思って説明をみたら、昭和14年4月に来銚した際の句だそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯沼水準原標石

 地味シリーズその3は、飯沼観音の境内にある、「水準原標石」。こちらもかなり重要です。1872年にオランダ人技師によって日本で初めて設置されたのがこれで、日本の河川測量の原点になっているというのですから。  第一市場~飯沼観音~銚子電鉄観音駅は、まち歩き観光に適したエリアで、市場周辺の魚料理店(多数)、蕎麦屋(観音横の砂場、前宿町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Obama

 アメリカ大統領選の民主党候補者選びが過熱しています。女性か黒人か・・・どちらがなっても「初の」という冠がつくため、政策そっちのけで盛り上がっている感じもしますね。  オバマ氏にあやかってPRをおこなっているのが、福井県の小浜市。オバマ氏からも感謝(?)のレターが来たとか来ないとか。  銚子にも「小浜(おばま)」という地名があるんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビッグ・ボリューム

 銚子の「食」の特徴として、量が多い、サイズが大きい、といったことが挙げられます。このブログでも度々ご紹介しているとおりです。  ビッグ・ボリュームの元祖といえば、アメリカ。スモールサイズのコーヒーを頼めば、日本のラージサイズがでてきます。料理の量も当然多いので、容器をもらって食べきれない分を持って帰る、なんていうことが当たり前。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Choshi, NY

 ニューヨークで人気のエリアのひとつ、グラマシーといわれる地区に、その名もずばり「銚子」というレストランがあります。銚子出身の方が経営されるお店です。  入口のつくりは、あまり日本料理店らしくないのですが、黒字に赤い日の丸と白波の看板と、ガラス越しに見える寿司カウンターが印象的。  ちなみに、スタッフは看板と同じデザインのオリジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三角点

 先日ある会合で、例によって「銚子は情報発信が足りない!」という話しをしていたら、「市外への情報発信の前に、市内での情報共有が足りないのではないか」と仰る方がいらっしゃって、その通りだな、と思いました。  銚子では、不用意に人の悪口を言わないほうがいい、といわれます。相手が、本人または兄弟の同級生または親戚関係などでつながっていること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域限定商品

 大箱入りのスナック菓子、ハードロックカフェのTシャツ、スターバックスのマグカップ、キティちゃん・・・地域限定商品は、格好のお土産品です。銚子はこの手のグッズも少なくて(ハードロックカフェやスターバックスは店舗がないので仕方ないですね)、でも唯一に近い「はろうきてぃ犬吠埼バージョン」は、かなりレベルが高いと、身贔屓半分で喜んでいます。に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花暦

 このあいだ白子を通ったら、道路沿いの桜が咲き始めていて、「しらこ桜祭り」の幟が並んでいました。風光明媚な九十九里浜で一足早いお花見もいいですね。  銚子で桜の名所といえば、かつては七ツ池が大変賑わったそうですが、今は市外に出かける人も多いと聞きました。  観光を考えるとき、花は大切な要素です。銚子で花といえば、フジ(妙福寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まちのアート その3

 屏風ヶ浦といえば、前から気になっていた銚子信用金庫清川町支店の壁画を、ようやく撮ることができました。明るい時間に旭経由の高速バスに乗っていると右手に見える、大きな壁画が、以前から気になっていたのです。  横長の壁面をうまく利用した画は、漁師さんを中心に構成される絵画サークル「いわし会」によるもの。銚子市内から飯岡方面に向かう途中(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯岡みなと公園

 屏風ヶ浦の西端、ということで、1日の記事で飯岡漁港からの写真を載せました。でもここからでは、「東洋のドーバー」とも例えられる白い断層が見えませんでした。  そこで、また少し足をのばして、「飯岡みなと公園」へ。すると、少しですが・・・見えました!  天気がよくて気持ちがいいのは私だけではなかったようで、猫も春らしい陽射しを楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無線発祥の地

 歴史があり地理的な特徴もある銚子には、地味だけれど重要、といったスポットも沢山あります。  例えばこの、「無線発祥の地」。観光客で賑わうポートタワー&ウォッセ21の近くに、あまりにもさりげなく碑が建っているのですが、説明文を読んでみると、実はとてもスゴイ場所だということに気付きます。  1908年(ちょうど100年前!)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピーナッツみそ

 銚子や近隣市町村の出身者にとって、フジショウさんの「ピーナッツみそ」は懐かしい味だそうです。  もともと「神奈川都民」暦が長く、東京西部・神奈川東部をテリトリーとしてきた私にとっては、ピーナッツ自体がそれほど身近でなかったので、銚子に来てから一気に落花生の摂取量が増えました。この11ヶ月間で、今までの一生で食べた落花生の量と同じくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 ウチのお雛様です。市内で雛祭りアイテムを探す余裕もないまま、今年はコンビニのチラシ寿司だけという素っ気無い節句になりました。  土曜日の新聞に、JR東日本の千葉支社が管内の7駅の改装&建て替えを行うという記事が載っていました。銚子市内では、下総豊里駅が建て替え対象に。嬉しいニュースですが、今の駅舎の雰囲気が残るといいなぁ、とも思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ととっぴぃ

 洋菓子店POEM(ポエム)さんの定番「ととっぴぃ」です。基本はフランスの定番菓子ダックワーズで、形が魚なだけでなく、ピーナッツクリームが挟んであったり、魚由来のコラーゲンが入っていたりと、パッと見以上に地元度の高いお菓子です。  銚子には、オリジナルのお菓子も沢山あります。例によって、地元では有名でも、情報(どこで買えるか、も含…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屏風ヶ浦西端

 屏風ヶ浦をテーマにした観光コースとして、マリーナ海水浴場・遊歩道、旧有料道路(名前、何とかしなきゃですね)、通蓮洞、刑部岬を巡るコースを提案しましたが(2月10日参照)、そういえば屏風ヶ浦の西端を見るところまで入れてなかったと思いつき、先日近くを通った時に、飯岡漁港に寄ってみました。  刑部岬を漁港側から見ると、こんな感じ。この向こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男前ドライブ

 銚子は男性的か女性的かと訊いたら、ほとんどの人が男性的と答えるでしょう。景観、気質、構成要素のどれをとっても、男性的なイメージが強いように思います。それで、銚子を表すキーワードその1:「男前」。  男前なイメージが強いからかどうかはわかりませんが、フリーペーパー『R25』の2月28日配布号の記事「垢落とし別悟り的ドライブ“六つの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うの花漬け

 銚子らしい加工食品といえば、「卯の花漬け」でしょうか。一時期ほど消費されなくなったといいますが、スーパーなどでもよく目にします。そういえば、銚子に来て早々に、地酒とともに秋刀魚の卯の花漬けを堪能したのでした。  先日、篠田食料品店さんのセグロイワシの「宇乃花漬」をいただきました。フツウのお総菜とは一線を画す上品な美味しさで、いつもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日vs.夕陽・キャベツ魚めん

 カンヅメになっていた時に撮った写真、同じ建物の違う窓から、上が夕陽、下が翌日の朝日です。  昇ったらおしまいの朝日に対して、余韻を楽しめる夕陽はビジネスにつながりやすい・・・と数日前のブログに書きましたが、朝日と夕陽、写真に撮ると、意外に区別がつかないんですよね。場所が特定できるものが写っていて、ようやく判別できるくらいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講座・魚屋の台所

 月曜の夜6時半から、講座「仲間づくりから始まるまちの活性化」を開催しました。  日程を急に決め、チラシ配布の時間も殆ど取れなかったにもかかわらず、多くの方にお越しいただきました。商店街の活性化は、それだけ関心の高いテーマだということを、改めて感じました。質疑応答では、市民の皆さんの危機感や問題意識を共有することもできました。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクアライン

 東京方面から車で銚子を目指す場合、湾岸線から東関道をくるのが一般的なコースです。  高速バスもこの道を使っていて、小見川ルートは佐原香取から、旭ルートは大栄から一般道に入ります。  自家用車の場合も、景色の良さと道のシンプルさでは、佐原香取で降りて国道356号線を下ってくるコースがオススメ。  一方、潮来まで行くと、茨城側の広い道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンビニおでん

 金曜から日曜にかけて、あるところにカンヅメになっていました。  金曜日の夕陽です。窓からこんな景色が見えると、ホッとします。・・・が、銚子の夕陽を見慣れていると、どうしても物足りなく感じてしまうんですよね。  それにしても、空に目がいく習慣は、銚子で暮らして身に付いたもの。  この日の食事は、3食セブンイレブン。写真は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九十九里浜の朝日

 不動堂海岸から再び九十九里ビーチラインに戻ってしばらく走ると、朝日がのぼってきました。それでまた、海岸へ。たしか、白里あたりでした。  当然のように、海には人影が浮かんでいて、砂浜には、剣道の素振りをする一団がいました。  夕陽にくらべると、朝日は昇ったらおしまい。余韻もなく、飲食などのビジネスにもつながらない、とも言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月と朝焼け

 まだ暗いうちに銚子を出て、九十九里ビーチラインを走っていたら、左手に見える朝焼けがあんまりきれいだったので、不動堂のあたりで海岸に出てみました。  サーファーらしき姿が波間に浮かび(真ん中より少し右のあたり。写真だと黒いゴミみたいに見えます)、犬の散歩をしている人もいました。海辺の生活、いいですね・・・。  しかも、九十九…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国木田独歩

 文学碑めぐりは、銚子の楽しみ方のひとつです。海鹿島や犬吠埼など、海沿いの景色のよいところに集中しているので、散策するのに丁度よいのです。一部のものは結構わかりにくいところにあるので、探す楽しみも味わえます。・・・つまり、迷うかもしれません。  迷いながら歩くのも、旅の楽しみ方ですが、効率よくまわるためには、前もって予定を立てて、ボラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイはし

 長崎の海岸です。波が打ち寄せる様子には、心が洗われますね。・・・とはいうものの、現実問題として、不法投棄やゴミの投げ捨てをなくしても、海岸にはどうしても漂着物があって、ゴミ拾いには終わりがありません。銚子には、陰に日向に、ゴミ拾いの地道な活動を行っている方たちがいらっしゃいます。  少し前まで、エコロジストというと、どこか変わり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more