ピーナッツみそ

 銚子や近隣市町村の出身者にとって、フジショウさんの「ピーナッツみそ」は懐かしい味だそうです。
 もともと「神奈川都民」暦が長く、東京西部・神奈川東部をテリトリーとしてきた私にとっては、ピーナッツ自体がそれほど身近でなかったので、銚子に来てから一気に落花生の摂取量が増えました。この11ヶ月間で、今までの一生で食べた落花生の量と同じくらい食べたかもしれません。
 フジショウさんのピーナッツ製品では、お茶請けにもツマミにも最適な「ドライピーナッツみそ」がお気に入り。でも最近は、スーパーでよく見かける個別包装の「はちみつ入りピーナッツみそ」にもハマっています。トーストにのせても、そのまま食べても。小腹が空いた時や疲れた時には、15gの小袋が丁度いいんですよ。
画像

 ナッツ+はちみつ・・・きっとアメリカ西海岸風のサラダ(正確な定義ではありません・・・ナッツ+甘酸っぱいドレッシング+ローストチキンのイメージ)に合うんじゃないかと思い、試作してみました: 鍋にワインビネガー(ピーナッツみそと同量くらい)を弱火で熱し、ピーナッツみそ2袋を溶かします。塩で味を整え、あら熱を取ったらオリーブオイル(お好みで)を混ぜ、そのままサラダにかけます。
画像

 ピッタリなビネガーの選定、ピーナッツの香ばしさをより生かす方法など、改良の余地はありますが、試作としては悪くない味でした。カスミで買ってきた「チキンとほうれん草のサラダ」+ベビーリーフが、カフェ風のサラダランチに変身です。サントノーレさんのパンと、マグにたっぷり淹れたアメリカンコーヒーを添えて。