男前ドライブ

 銚子は男性的か女性的かと訊いたら、ほとんどの人が男性的と答えるでしょう。景観、気質、構成要素のどれをとっても、男性的なイメージが強いように思います。それで、銚子を表すキーワードその1:「男前」。  男前なイメージが強いからかどうかはわかりませんが、フリーペーパー『R25』の2月28日配布号の記事「垢落とし別悟り的ドライブ“六つの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うの花漬け

 銚子らしい加工食品といえば、「卯の花漬け」でしょうか。一時期ほど消費されなくなったといいますが、スーパーなどでもよく目にします。そういえば、銚子に来て早々に、地酒とともに秋刀魚の卯の花漬けを堪能したのでした。  先日、篠田食料品店さんのセグロイワシの「宇乃花漬」をいただきました。フツウのお総菜とは一線を画す上品な美味しさで、いつもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日vs.夕陽・キャベツ魚めん

 カンヅメになっていた時に撮った写真、同じ建物の違う窓から、上が夕陽、下が翌日の朝日です。  昇ったらおしまいの朝日に対して、余韻を楽しめる夕陽はビジネスにつながりやすい・・・と数日前のブログに書きましたが、朝日と夕陽、写真に撮ると、意外に区別がつかないんですよね。場所が特定できるものが写っていて、ようやく判別できるくらいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講座・魚屋の台所

 月曜の夜6時半から、講座「仲間づくりから始まるまちの活性化」を開催しました。  日程を急に決め、チラシ配布の時間も殆ど取れなかったにもかかわらず、多くの方にお越しいただきました。商店街の活性化は、それだけ関心の高いテーマだということを、改めて感じました。質疑応答では、市民の皆さんの危機感や問題意識を共有することもできました。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクアライン

 東京方面から車で銚子を目指す場合、湾岸線から東関道をくるのが一般的なコースです。  高速バスもこの道を使っていて、小見川ルートは佐原香取から、旭ルートは大栄から一般道に入ります。  自家用車の場合も、景色の良さと道のシンプルさでは、佐原香取で降りて国道356号線を下ってくるコースがオススメ。  一方、潮来まで行くと、茨城側の広い道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンビニおでん

 金曜から日曜にかけて、あるところにカンヅメになっていました。  金曜日の夕陽です。窓からこんな景色が見えると、ホッとします。・・・が、銚子の夕陽を見慣れていると、どうしても物足りなく感じてしまうんですよね。  それにしても、空に目がいく習慣は、銚子で暮らして身に付いたもの。  この日の食事は、3食セブンイレブン。写真は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九十九里浜の朝日

 不動堂海岸から再び九十九里ビーチラインに戻ってしばらく走ると、朝日がのぼってきました。それでまた、海岸へ。たしか、白里あたりでした。  当然のように、海には人影が浮かんでいて、砂浜には、剣道の素振りをする一団がいました。  夕陽にくらべると、朝日は昇ったらおしまい。余韻もなく、飲食などのビジネスにもつながらない、とも言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月と朝焼け

 まだ暗いうちに銚子を出て、九十九里ビーチラインを走っていたら、左手に見える朝焼けがあんまりきれいだったので、不動堂のあたりで海岸に出てみました。  サーファーらしき姿が波間に浮かび(真ん中より少し右のあたり。写真だと黒いゴミみたいに見えます)、犬の散歩をしている人もいました。海辺の生活、いいですね・・・。  しかも、九十九…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国木田独歩

 文学碑めぐりは、銚子の楽しみ方のひとつです。海鹿島や犬吠埼など、海沿いの景色のよいところに集中しているので、散策するのに丁度よいのです。一部のものは結構わかりにくいところにあるので、探す楽しみも味わえます。・・・つまり、迷うかもしれません。  迷いながら歩くのも、旅の楽しみ方ですが、効率よくまわるためには、前もって予定を立てて、ボラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイはし

 長崎の海岸です。波が打ち寄せる様子には、心が洗われますね。・・・とはいうものの、現実問題として、不法投棄やゴミの投げ捨てをなくしても、海岸にはどうしても漂着物があって、ゴミ拾いには終わりがありません。銚子には、陰に日向に、ゴミ拾いの地道な活動を行っている方たちがいらっしゃいます。  少し前まで、エコロジストというと、どこか変わり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンポジウム「サンデイ・スプリングスの衝撃-完全PPP都市出現の衝撃-」

 東京の白山神社は、紫陽花で有名ですが、今は丁度、梅が見頃を迎えています。境内には、梅の香が漂っていました。ひと月もすれば、今度は枝垂桜がみられます。境内は決して広くありませんが、よく手入れをされた季節毎の花が楽しめるのも、白山神社の魅力です。  今週の月曜日、白山神社に隣接する東洋大学において、文部科学省大学院教育改革支援プログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【イベント情報】講座「仲間づくりから始まるまちの活性化」

 来週の月曜日に、講座を開催します・・・ショートノーティスですみません。  テーマは、「商店街の活性化」。9月講座でお話したとおり、まずは1軒1軒のお店が魅力的であることが必要最低条件。その魅力的なお店がどう連携していくのか・・・は、その次の課題、という訳です。  特徴的な取り組みで知られる柏や、橘が理事を務める神田西口の事例を中心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展望館(駐車場)の夕陽・Saint-Honore

 今日も気持よく晴れました!社員旅行の一行は、銚子らしい早春の一日を満喫していることでしょう。  昨日の夕陽です。用事を終えて犬吠方面へ向かう途中、まわり道をして展望館の駐車場に上がりました。展望館の屋上にも人影がありましたが、駐車場にも、カメラを手にした人や、車の中から観る人が集まっていました。  今回も、富士山は見られず。な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 気持ちよく晴れたこの金曜・土曜は、早春キャンペーンの一環として、市内のお寺二箇所で「お宝めぐり」がありました。前からスケジュールに書き込んで、楽しみにしていたのですが、事前情報がなくてわかりにくかったのと、年度末に向け色々と立て込んで余裕がなかったのとで、両方ともパスしてしまいました。  何についても情報が少ないのは、銚子に共通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯岡灯台

 屏風ヶ浦の西端にあたる刑部岬は旭市ですが、観光エリアで考えると、銚子エリアに含まれます。銚子からのタクシー観光でも、ここまでを入れるケースが多いよう。  ここには、もともと飯岡灯台があって、その横に展望台ができました。それで、展望台に上がると、真横に灯台が見えます。  ・・・こんな感じ。こういう角度で灯台を見られるところは、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【イベント情報】銚子音楽祭2008

 3月9日(日)午後2時から、銚子音楽祭が行われます。今年のゲストは、大槻ケンヂ・アンプラグドセッション。大物ですね!  会場は、(文化会館でも市民センターでもなく、)商工会議所大ホールです。銚子駅から徒歩約3分、東芝町バス停から約10分の立地なので、市外から公共交通機関でいらっしゃるお客様にも便利。  実はこのイベント、銚子ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お誂え

 額賀屋さんにお願いしていた、風呂敷ができあがってきました!  銚子らしい紺地に、明るく鮮やかな配色の鶴亀モチーフ。対角線の反対側には、名前も染めてもらいました!!  約90cm四方の張りのある木綿地で、水も通しているので、旅行や着物一式の持ち運びなどに気兼ねなく使える実用向きです。なにしろ船の上で強い日差しや潮風にさらされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海草こんにゃく

 充実の日程をこなした翌日は、ゆっくりめに起床。ゲスト1号の「心残り」は太平洋を眺めながらの露天風呂、ということで、11:58発の「しおさい」で帰る前、11時から日帰り入浴の始まる犬吠埼観光ホテルへご案内。と、その前に、犬吠駅でお土産も物色。  犬吠埼観光ホテルの駐車場(元テニスコート?)からの眺めです。この写真は、日曜に撮ったも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てうし10時間観光(ゲスト1号&4号の再訪)

 長崎周遊道路から撮った写真です。水平線の上、少し左寄りに虹が出ているのですが、わかるでしょうか・・・?  宝満岩。右が顔、真ん中の長く盛り上がっているのが胴体、そして左が足。なるほど人が仰向けに寝ているように見えますが、判官が訛ったというのは・・・どうなんでしょうね?  10日(日)の11時半頃に着く「しおさい」で、ゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屏風ヶ浦観光・灯台印キャベツ

 三連休初日の9日(土)、第4号ゲストBが夫婦で来てくれました!彼女がリピートしてくれたキッカケの会話は、以下のような感じでした。 てらい 「今の時期は美味しいものが沢山あるから、また遊びに来てよ。」 ゲスト 「冬は、日本海側にカニ食べに行かなきゃいけないし、大洗にアンコウも食べにいかなきゃいけないから、時間とれるかな・・・」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリーナの夕陽

 昨日の夕陽は、マリーナでみました。寒かった・・・!にもかかわらず、西の空に見入っている人や、三脚で撮影している人たちが、私の近くだけで5-6人いたでしょうか。  こういう景色には、コメント不要ですね。・・・にしても寒いので、コーヒーでも飲みながら、ガラス越しに眺められるお店があれば・・・と、つい思ってしまいます。  少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君ヶ浜

 雲ひとつない、君ヶ浜です。銚子を代表する風景といえば、いつも決まって君ヶ浜と犬吠埼灯台が登場して、またかぁ?と思うこともしばしば。でも定番にはそれだけの魅力があるのも確かですね。  朝に夕に、ここを通ると、ジョギング、犬の散歩、そしてゴミ拾い。地元の方たちが思い思いに過ごしています。何気ない風景ですが、これって、かなり贅沢で豊か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古新聞バッグ

 寒くなってから、銚子ではよく、こんなオレンジの花を見かけます。アロエの一種だと思うのですが、よほど繁殖力が強いらしく、あちこちで群生しています。  高知県四万十町の道の駅で販売中の、古新聞で作られた「新聞紙バッグ」が人気、という記事が夕刊に載っていました。「地元の特産品は地元の新聞で包装しよう」という呼びかけからアルバイトの女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リゾート・オフィス

 年度末にかけて、色々と立て込んできました。その殆どが前向きなことばかりなのが幸いですが、それでもストレスはたまるもの。そんな時、外に出て銚子の風景を眺めと、リフレッシュできます。・・・これぞリゾート・オフィスの醍醐味・・・?!  昨日の夕方、東市場(浜めしの横)からの眺めです。手前に写っているカモメ、実物はすごく大きいんですよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕景

 昨日は、3時頃に銚子へ戻ってきて、デスクワークを片付けていたのですが、2時間もしないうちに睡魔が襲ってきました。  そこで、眠気覚ましを兼ねて早めに買い物に出かけ、ついでに展望館の駐車場へ上がってみました。思ったより雲が多くて、夕陽は望めず。ちなみに、昨日の日没は17:07。確実に日が長くなっています。  夕陽が無理なので趣向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一松海岸

 前日の嵐がウソのように気持ちよく晴れた月曜日、茂原まで行ってきました。  銚子からのルートは複数ありますが、たぶん一番わかりやすいのが、国道126号線から刑部岬の少し先を左に入って、県道30号線(九十九里ビーチライン・一宮飯岡線)をずーっと走り、長生で右折、県道84号線をまっすぐ行くルート。迷ったり(私以外は滅多に迷いません)渋滞に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水神社永代大神楽

 2月3日は節分。市内では、ヒイラギと鰯の頭を門口に飾っている家もあったようです。私も気持ちばかり、豆撒きと太巻き寿司の丸かぶりをしてみました。銚子は北に利根川が流れていて、方角がわかりやすいため、恵方がすぐ分かるという利点がありますね。  節分会に加えて市民マラソンも行われたこの日は、生憎の雨(嵐)の日曜日。それでも、首都高が全面ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一山いけす

 「銚子を代表する店」ランキングを作ったら、まず間違いなく3位以内に入るだろう「一山いけす」さん。ある意味で「大升」さんとは対照的ですが、どちらも「銚子らしい」お店だなぁと思います。先日ある会合にお招き頂いて、その一山さんに、初めて伺うことができました。  黒生(くろはえ)海岸の海を一望できる景勝地にあるので、昼間はいつも混雑していま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銚子の味

 酒蔵見学のあとは、近くの「大升(だいます)」さんに連れて行ってもらいました。色々な方から評判を聞いていたお店に、念願叶って行くことができたのです。  大升さんを一言であらわすと、「銚子の味を堪能できる店」。例えば・・・  マコガレイの煮付け。鮮度のよい魚を惜しげもなく煮魚にしてしまうのが、銚子ならではの贅沢。味付けと火の通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more