水神社永代大神楽

 2月3日は節分。市内では、ヒイラギと鰯の頭を門口に飾っている家もあったようです。私も気持ちばかり、豆撒きと太巻き寿司の丸かぶりをしてみました。銚子は北に利根川が流れていて、方角がわかりやすいため、恵方がすぐ分かるという利点がありますね。
 節分会に加えて市民マラソンも行われたこの日は、生憎の雨(嵐)の日曜日。それでも、首都高が全面ストップし、鉄道ダイヤも乱れまくった東京の雪騒動よりはマシだったでしょうか。

 その雨の中、 千葉県指定無形民俗文化財に登録されている「後草(うしろぐさ)水神社(すいじんじゃ)永代御神楽」が行われるというので、のぞきに行ってみました。迷った挙句(水神社は飯岡駅のすぐそばで、決してわかりにくい場所ではなく、私以外は迷わないでしょう・・・)辿り着いてみると、丁度始まったところだったようで、「天狗」(猿田彦?)の後姿が見えました。
画像
画像

 祝詞のあと、休憩を挟んで舞が始まるとのこと。
画像

 天狗役の若者は、面と鳥兜を取り、一礼をしてお役目が終わりました。
画像
画像
画像

 これからが本番・・・なのですが、午後に2件打合せが入ってしまったため、後ろ髪を引かれる思いで、退散。残念でしたが、少しは雰囲気が味わえたかな・・・?と思います。
画像

 神楽用に設営された舞台です。雨が降り込んで、濡れていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0