うの花漬け

 銚子らしい加工食品といえば、「卯の花漬け」でしょうか。一時期ほど消費されなくなったといいますが、スーパーなどでもよく目にします。そういえば、銚子に来て早々に、地酒とともに秋刀魚の卯の花漬けを堪能したのでした。
 先日、篠田食料品店さんのセグロイワシの「宇乃花漬」をいただきました。フツウのお総菜とは一線を画す上品な美味しさで、いつものベトナムの安皿に盛るのが申し訳ない感じでした。 おからと魚にしみこんだ甘酢が丁度よい加減ですが、ご飯のお供には、醤油を少しかけても美味しいです。またまた、「玄蕃蔵」の出番。
画像
 
画像

 篠田さんの「宇乃花漬」は、作るのに3日かかり、時化で魚があがらない時は作れないので、前もって電話予約をしたほうが無難だそうです。しかも、3月までの季節限定。本物の卯の花が咲く頃には、もう食べられないのです。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0