柏崎にて(2日目)

 岬館さんのすぐ隣には、日蓮上人縁の「番神堂」があります。2日目の朝、出発前に散歩がてら、お参りをしてきました。お堂には万全の雪囲い、木々は雪吊り、そして屋根に雪が積もれば雪下ろし。旅先で眺めるには風情があってよいものですが、それだけ人手とお金がかかるということです。
画像

 境内からの眺めです。青空の清々しい朝でした。手前の枝は、桜。春はさぞかし、綺麗でしょうね!
画像

 番神堂には、有名な彫刻があります。ガラス越しでも、それは見事なものでした。このどこかに蝶が彫られていて、それを見つけるとラッキーだというのですが、雪で足場も悪く、時間がなかったこともあり、探すことはできませんでした。
画像

 午前中は、柏崎刈羽原子力発電所を見学。原子力発電所の仕組みから、昨年夏の中越沖地震の影響等を、大変わかりやすく丁寧に説明してくださり、考えられる万全の対策がとられていることが分かりました。CO2削減のメリットや圧倒的な効率の高さを考えても、現在の私たちの生活を維持するには、原子力発電はなくてはならないものだと、改めて理解ができました。
 一方で、漠然とした恐ろしさも感じました。これだけの威力があるものをつくり出し、同時にそれを必要とする「便利な」生活をつくり上げてしまった人間に対する、一種の畏怖の感情なのかもしれません。・・・夜中に煌々と電気をつけ、暖房のきいた部屋に居ながら言っても、説得力ありませんが。

 その後、寺泊に立ち寄り、日本海の海の幸タップリのランチ。そうそう、銚子っ子の間から、煮魚の味が薄い、という感想が洩れていました。ちなみに、右下の巨大ドンブリは味噌汁です・・・!
画像

 道中いつまでも見飽きなかったのは、雪に覆われた美しい山々や田畑、その間を縫って流れる川。昔ながらの漁村の佇まいが残る、良寛さん縁の出雲崎も、印象に残る風景でした。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0