現代の伝説

 Yahoo!でみつけた、びっくりニュース。銚子漁港で揚がったカレイの背に、15年前川崎市内の小学生が風船につけて飛ばした手紙が、ベッタリと張り付いていたというのです。世の中には不思議なことがあるものですが、身近での出来事に、ただビックリ。

 海にまつわる不思議な話しといえば、銚子には亀にまつわる民話がいくつかあります。その一つが、「カメのまくら」。亀の枕を拾った船は、大漁間違いなしという言い伝えです。実際に拾って丁重に祀った船主は、その後ずっと大漁に恵まれたとか。亀の枕とは流木で、それに海亀が乗って波間を漂っているのを、木片を枕に昼寝をしていると見たのですね。

 その民話から想を得てつくられた新名物があります。犬吠駅前の「かふぇ・ど・えがお」さんで、早春キャンペーン中の土日に正午から、数量限定で販売される稲荷ずし「カメのまくら」。中には、「魚めん」が詰められています。歯ざわりのよい野菜なども入っていて、味付けも絶妙。軽めのお昼に、追加の一品に、小腹対策に・・・超オススメです!!
 イラストも可愛いですね!
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0