銚子市地域再生マネージャーブログ “銚子だより”

アクセスカウンタ

zoom RSS セグロイワシ その2

<<   作成日時 : 2008/03/16 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 目覚まし時計を止めて、しばらく布団の中でゴロゴロしていたら、鶯が鳴いて目が覚めました。
画像

 東京で用事があったので、「しおさい」に乗り込もうとしたら、ホームにある椿の大木には、沢山の真紅の花が。
画像

 ここ一ヶ月ほど文字通りバタバタしていたのが、ようやく少し落ち着いて(本当は落ち着いている場合ではないでのすが)、気持ちに余裕が出てきたのかもしれません。

 それで、久し振りに「魚屋グルメ」にも挑戦しました。銚子の魚屋さんで買える郷土料理・・・お総菜の定番の一つは、どうやら「酢じめ」みたいですね。前浜ものの鮮度のいい魚を塩と酢でしめる、極めてシンプルで飽きのこない味です。
画像

 今回お邪魔したのは、中央町の「向井鮮魚店」さん。本通り郵便局の角を左に入って左側、居酒屋「駅」さんの隣です。ここのセグロイワシの酢じめ(一皿500円)が美味しいと、ある方に教えていただきました。色がキレイで見るからに美味しそうなの、わかるでしょうか?酒の肴にも、ご飯のオカズにもグーですよ。
 このほか、店頭で干しているのが美味しそうだったので、思わず丸干し(一さお200円!)まで買ってしまいました。

 こういう時に限って重なるもので、九十九里名産「ゴマ漬け」と「卯の花漬け」のお裾分けもいただいたのです。・・・実はゴマ漬けを食べたのはこれが初めて。ごく小さいセグロイワシの頭を落として酢ダレに漬けてあり、ゴマ、唐辛子が入っていました。向井さんの酢じめに比べると、酢は抑え目。
画像

 お酒は当然日本酒、といいたいところですが、九十九里つながりで、先日「カマタ」さんで買ってきた地ビールをあけてみました。生臭く感じるかな・・・と思ったところ、意外に合いました。一応、地肴に地酒ですからね。
画像

 これで数日間は、毎日セグロイワシです。これがマイワシやサンマやサバだと、脂っこくて続くとキツイんですが、セグロイワシは全然OKなんですよね。銚子ライフの名残を惜しみながら、堪能することにします。

 どうやら最後まで、色気より食い気ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
セグロイワシ その2 銚子市地域再生マネージャーブログ “銚子だより”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる